シワやほうれい線を解消するには?

年齢を重ねるとほとんどの方がシワやたるみ、ほうれい線などの悩みが出てきます。

そしてシワやたるみ、ほうれい線を解消するために様々なエイジングケア化粧品を使ったけど効果が実感できなかったという方も多いと思います。

私もそのような悩みを持つ1人でした。エイジングケア用の化粧品を使ってもなかなかシワが消えなかったのです。

なぜシワが消えなかったかと言うと、間違ったケアをしていたからです。

シワやほうれい線の間違ったケアとは?

シワやたるみなどの対策としてよく言われるのが保湿すると良いということです。保湿成分を中心としたエイジングケア化粧品も多いですよね。

確かに保湿は重要なのですが、深いシワに対してはそれだけでは不十分なのです。

シワやほうれい線ができる原因とは?

肌のコラーゲン

実はシワやほうれい線ができる主な原因は肌内部のコラーゲンが減少することです。

コラーゲンは肌のハリや弾力を生み出す元になっている成分です。コラーゲンが網目状の構造を作り、肌の弾力を生み出しています。

コラーゲンをつなぐ役割をしているのがエラスチンで、その間をうめているのがヒアルロン酸です。

肌内部のコラーゲンやエラスチンが減少したり変性してしまうと、肌のハリや弾力が失われるのでシワやたるみとなって現れます。

そのためシワやほうれい線を解消するには、肌内部のコラーゲンを増やすことが大切です。保湿しただけではコラーゲンは増えないので、保湿重視のエイジングケア化粧品を使っただけではシワが解消されにくいのです。

コラーゲンは年齢とともに減少する

コラーゲンの量

20代以降になると肌内部のコラーゲンは急速に減少していき、40代になると20代のときの半分近くまでコラーゲンが減ってしまいます。

すでにご存知かもしれませんが、加齢の他に紫外線もシワやほうれい線の主な原因の1つです。

肌に紫外線が当たると活性酸素が生成され(肌が酸化され)、そのときにコラーゲンも影響を受けて劣化し、肌の弾力が失われていきます。

コラーゲン含む食事はシワに良い?

よくテレビの番組で芸能人の方が食事をしているときに、コラーゲンたっぷりの食事をすると肌がプルプルになると言うことがありますが本当でしょうか?

実はコラーゲンを含む食事をとったからといって肌のコラーゲンが増えるわけではありません。食事でコラーゲンを摂取しても消化されて分解されてしまうからです。

芸能人の方がプルプルになっていると表現しているのは、脂の多い食事で顔に皮脂が出ているのをそのように表現しているのでしょう。

コラーゲンを生み出す美容成分を与える

では肌内部のコラーゲンを増やすにはどうしたら良いのでしょうか?

それは肌がコラーゲンを生み出すのをサポートする美容成分を与えることです。

例えば、レチノールやヒト幹細胞培養液などです。

そして近年注目されているのが葡萄樹液です。

なぜ葡萄樹液が注目されているかというと、肌のハリが3倍になることと分析で立証されているからです。(ニコダームリサーチ調べ。線維芽細胞に葡萄樹液を処理し測定。)

その葡萄樹液を10年かけて化粧品化したのが葡萄樹液を配合した化粧品に、モンサンプルールパーフェクトジェルです。

ハリ3倍になる

そして化粧品原料として世界で初めてPCPC(米国化粧品工業会)に登録されました。 (コード番号19502)PEG-75

コラーゲンの減少や劣化を防ぐ

コラーゲンを増やすことも大切ですが、コラーゲンが減少するのを防ぐことも大切です。

先程も説明した通り、コラーゲンの減少は加齢と紫外線が主な原因です。

加齢は防ぎようがありませんが、紫外線のケアは努力次第でどうにかなります。

紫外線を防ぐには、日焼け止めなどを塗って直接防ぐ方法があります。

ここでなぜ紫外線がシワの原因になるかというと、紫外線が肌に当たると活性酸素が作られるからです。

活性酸素が作られるというのは、すなわち肌が老化するということです。ということは、紫外線だけでなく活性酸素が発生するような原因を取り除かなければなりません。

肌の内部で活性酸素が作られるのは紫外線だけでなく炎症などの外部刺激が原因です。そのため刺激の強い化粧品などを使っていると活性酸素が生成される原因となってしまいます。

そのため肌に刺激の強いものが配合されず、肌に優しく作られているけしょうを使うのがおすすめです。

モンサンプルール パーフェクトジェルは「鉱物油、石油系界面活性剤、アルコール、動物性原料、合成香料、合成着色料、シリコン、パラベン」といったものが無添加で肌に優しく作られています。